八王子にある「ぱんだ中国語教室」の話題
by zhuneit
以前の記事
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ぱんだ中国語教室
台湾発見(11)
e0064862_12384677.jpg台湾の普段の生活暦は太陽暦ですが、
正月は太陰暦で祝います。
従って、年によって正月の月日が変わります。
今年(民国79年・西暦1990年・平成2年)の
正月は1月27日です。去年は2月7日でした。

正月のことを「過年」といいます。過年が近づくと
各家庭で一年のゴミを掃除したり、町へ出かけていた
家族が里帰りしたり、過年の御馳走を準備したり
するのは、日本とあまり変わりませんが、

過年がまだ来ない除夕(大晦日)から、紅包(お年玉)を
渡したり、「新年快楽」(おめでとう)・「恭喜発財」
(お金が儲かりますように)などと挨拶するのは
日本と違います。

テレビでも 「万事如事」(万事うまくいきますように)
「馬到成功」(馬の勢いのように達成できますように)などと、
盛んに新年の挨拶をしています。

物事に拘らない台湾人ですから、「没関係」(構わない)の
でしょう。たぶん、日本の「いいお年を!」にあたるのだと
思っています。

過年には 家の門や入り口に幸福・繁栄・長寿を願う
「春聯」を貼ります。非常にきらびやかなものです。
私たちも、この風習に習って、「春」と「福」の「春聯」を
ドアの入り口に貼りました。

また、過年には「舞龍舞獅」が盛大に繰り広げられます。
中正文化中心で行われる舞を最初に見たときには、
龍の勢いに圧倒されました。

ぱんだ中国語教室の中にも 写真のような
「春聯」が貼ってあります。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-30 12:38
ぱんだ中国語教室
台湾発見(10)
e0064862_19523581.jpgやはり、「依国而异」(国によって様々)ですね。
台湾人の感じ方・考え方の特徴を
いくつか紹介しましょう。

・私の家へ日本語を習いにきていた林 雪玉は
 「台湾の季節」という題で作文を書いてきました。
 内容に一つも 木の葉が落ちる・気温が下がる
 ・昼の長さが短くなるなどの自然現象が
 書かれていなかったので、
 「自然のことも書いたら」と 薦めたら、
 「それは、当たり前のことで 季節に関係ない。」と
 いいました。
 草花も一年中あって、木々は緑を落とさず、 
 太陽の高さが高い高雄では、四季の季節はなく、 
 作文の内容には場違いなのでしょうか。

・やはり、雪玉に 「日本人と台湾人の一番の違いは」と
 聞いたところ、「日本の奥さんは温柔」という答えが
 帰ってきました。そういえば、近所の奥さんはご主人と
 それは それは 派手な喧嘩をしていました。
 まあ、自己主張が強いというか・・・
 「直説」といって、台湾の人はストレートに自分の意見を
 相手にぶっつけます。日本人は「曖昧説」といわれていて、
 イエス・ノーがはっきりしないということです。

・高雄日本人学校の何事務長は、「台湾人は会社に勤めるなど
 人に雇われるのが大変嫌いだ。小さくても、自分のお店を
 持ちたいと思っている。」と 日本人との違いを説明してください
 ました。

・学校では10月に行われる運動会の打ち合わせを 9月には
 もう始めます。これについて、日本人学校の張講師は
 「台湾では一週間前にしか始めないよ。日本人は丁寧で
 用意周到で 驚きますね。」と 言っていました。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-29 19:51
ぱんだ中国語教室
台湾発見(9)
e0064862_14153387.jpg極彩色の看板・真紅の紅包(祝儀袋)・
赤地に金文字で書かれた賀年卡(年賀状)・
モールなど飾りがいっぱい付いて
派手な色の洋服など
台湾はとてもカラフルな国です。

でも、これらは私たち日本人にとって、
不思議に感じられますが、
まあ、なんとか慣れようというものです。

しかし、人々の信仰の場である廟(寺)の
色鮮やかなことには 未だにとまどいを
感じています。

柱は紅や金色に塗られ、
屋根には金・緑・黄色に塗られた龍がいます。
それだけでは、ありません。
神様自体も建物に劣らず、色鮮やかです。
この神様は、例えば商売とか病など現世の利益を
かなえてくれる日本の神道にあたるもので、
こちらでは道教です。

来世を説く仏教であっても、寺の建物や仏像は
やはり、日本よりずっと金ピカです。

廟での祈願の仕方には特徴があります。
木で作られた三日月形の筶(神杯)という
占用具を、三度振って上に投げ上げます。
この筶は二枚が一組になっていて、それぞれ
凸面に削った側(陰)と凹面に削った側(陽)があります。
従って、投げた場合、次の三通りの場合ができ、
その場合の様子によって吉凶を占います。

 一陽一陰・・・「聖筶」願いがかなう。
 二陽   ・・・「笑筶」神が祈願した人を笑っている。半吉半凶で再考の意味。
 二陰   ・・・「伏筶」願いが拒否されている。願いを改めるか、引き下がる。

祈願をする時、線香を燃やすのは日本と変わりませんが、
「神銭」も燃やします。
「神銭」というのは 神様専用のお金で、
一枚一枚祈りを込めて燃やし、煙にして、天に送れば、
神様が祈りを聞き届けて、倍返しにしてくれると信じられています。
この「神銭」は「拝拝」の日になると、どこの商店の門口でも燃やされます。
「拝拝」というのは毎月旧暦の1日と一五日に行われる祭りのことで、
門口に沢山のお供え(鶏の丸焼き・スイカ・バナナ・菓子など)をして、礼拝します。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-28 14:17
ぱんだ中国語教室
台湾発見(8)
e0064862_10334573.jpgいろんな所を 旅行しました。
そして、様々な感想を持ちました。

・白い壁と青瓦の中正記念堂の巨大さに
 圧倒されたこと。
・赤と緑、黄色の極彩色の御殿・圓山大飯店に
 ため息をもらしたこと。
・遊園地ぐらいにしか思っていなかった小人国の
 精巧な模型に感心したこと。
・大理石の道を歩いて太魯閣峡谷の
 雄大さに目がくらんだこと。
・故宮の国宝芸術品に接して
 中国の偉大さに痛感したこと。
・風と波が作った奇岩奇石におとぎの国の
 気分を味わったこと。
・先住民族の暮らしを伝える九族文化村で
 昔へタイムスリップしたこと。
・烏来の歌舞を見て、神や自然と共に生きてきた
 人々の素朴な心情に触れたこと。
・空はあくまでも青く澄み、太陽の強い日差しと
 エメラルドグリーンに輝いていた墾丁の海で
 トロピカルムードを味わったこと。
・朝もやの白煙けむる中を遊覧して、
 日月潭の幻想的な伝説を訪ねたこと。

しかし、何といっても、圧巻は

・阿里山鉄道で台湾の屋根に登り、
 ご来光の荘厳なドラマを見て、
 神秘な美しさに感動したことです。

 阿里山のご来光は 当時の台湾の国語教科書
 (4年上)にも 載っていました。
 写真はその一段落です。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-27 10:34
ぱんだ中国語教室
台湾発見(7)
e0064862_951184.jpg台湾の人は 私を見て、すぐ
日本人と 分かるらしく、
「你是日本人嗎?」と
尋ねられたことが
よくありました。

「對呀」(そうですよ)と
答えると、

今度は、
「您貴姓?」(お名前は?」と
尋ねてきますので、
「竹内敏夫」と
答えます。

ところが、台湾人のなかには
私のどこまでが姓で
どれが名前か 分からない人も、
いるようです。

というのは、
台湾人の姓は
一字が 殆どだからです。

私がお世話になった方の
姓名を 紹介しますと、

「戴 承杰」
「林 雪玉」
「何 朝鵬」
「張 淑貞」
「林 善義」
「頼 松鵬」
「林 水進」
「翁 清棋」
「王 高礄」
「陳 蘇生」
「黄 鐘陣」
「許 嘉瑞」

などです。
「中華民国総覧」によると、
一番多いのは 陳さん
二番は     林さん
三番は     黄さん 
だそうです。

大変珍しいそうですが、
「欧陽菲菲」のように
複姓もあるのは あるそうです。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-26 09:51
ぱんだ中国語教室
台湾発見(6)
e0064862_10133584.jpg写真は 高雄日本人学校の
校庭にある回旋塔です。

回旋塔の 影を見てください。
影が 真下に映っているのが
お分かりになると 思います。
台湾では このように
太陽の高度が 日本より、
ずっと 高いのです。

日本では
影が真下にくることは
ありません。

北回帰線は 高雄から 
バスで1時間ほど北にある町
嘉義を 通っています。

そのため 相当な暑さです。
我が家では
朝起きて、先ず、することは
クーラーのスイッチを
入れることでした。

現地の学校を 見学したとき
お昼には 先生も 生徒も
机に屈んで 昼寝をしていました。
郵便局や病院などでも、
職員は 昼寝をするそうです。

呑気と言えば、呑気ですが、
5月から10月の
月平均気温が27℃ですから
こんなに 暑くては
仕事の 能率もあがらないかも、
しれませんね。
昼寝をしなくては・・・
[PR]
by zhuneit | 2005-09-25 10:13
ぱんだ中国語教室
台湾発見(5)
初めて、e0064862_17431112.jpg
台湾に着いたとき
驚いたことは 
たくさんあります。

その中でも、
漢字には
特別 驚きました。

画数が 
日本の漢字とは
比べものに
ならないほど
多いのです。

台湾・日本・大陸と
それぞれについて
調べてみました。

 音樂  音楽  音乐
 視聽  試聴  视听
 讀書  読書  读书
 天氣  天気  天气
 快樂  快楽  快乐
 愛國  愛国  爱国
 天氣  天気  天气
 海邊  海辺  海边
 發現  発現  发现
 營養  栄養  营养

ここに 挙げたのは
台湾・日本・大陸で
それぞれ 全く違うのを
例示しました。

しかし、このように
違う漢字ばかりでは
ありません。

次は、
大陸だけが違う例です。

 公園  公園  公园
 動物  動物  动物
 太陽  太陽  太阳
 掃除  掃除  扫除

次は、
台湾だけが違う例です。

 中國  中国  中国
 臺灣  台湾  台湾
 學校  学校  学校
 身體  身体  身体

それにしても、
台湾の子どもは
大変ですね。
こんなに画数の多い漢字を
覚えなくてはいけないのですから。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-24 17:45
ぱんだ中国語教室
台湾発見(4)
e0064862_17145475.jpg台湾は「フルーツ天国」と
言われるほど
色々な種類の果物が
あります。

台湾に赴任して
初めて食べたのが
歯にサクサクする
「連霧」(レンブー)です。
塩を少しつけて 食べると、
甘みがあります。

大変よく、「高雄牛乳大王」へ行って
「木瓜牛奶」(パパイヤジュース)を
飲みました。
500CCで35元(175円)です。
どれも、500CCだったので
「牛乳大王」とは言わず、
「ウーパイシーシー」と 
いっていました。

嫌いなのは
「杏仁牛奶」(杏仁ジュース)でした。
杏仁水が入っていて、
これが、私には、全く駄目でした。
おしぼりにまで、
杏仁水が入っているのには
閉口しました。

「荔枝」(レイシ)は
楊貴妃が こよなく愛した
果物だけに、大変おいしく、
止められない止まらないで
籠いっぱい食べたことがあります。
最近では、
日本でも売っていますね。

そのほかの好きな果物として
「龍眼」(リュウガン)
「芒果」(マンゴー)
「釈迦桃」(シャカトウ)
があります。

「果物」は中国語で
「水果」(shui guo)と
いいます。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-23 21:51
ぱんだ中国語教室
台湾発見(3)
e0064862_1293141.jpg私は台湾の
高雄市新興区復興一路40号復興大厦7楼49号に
住んでいました。

この住所を探し当てるのは
比較的簡単です。

というのは、
右の地図を見てください。
道路名によって
住所が表示されているからです。

新興区には構わないで、
まず、復興一路は どこかを探します。
次に40号は どこかを探します。
この時、
号数は必ず、一方の道路側が偶数で
片方が奇数になっています。
私の場合 40で偶数ですから
偶数側だけを 探せばいいのです。

大厦というのはマンションです。
復興マンションの7階49号が
私の部屋となります。

私は「路」で大通りに面していましたが
大通りでなくても
探すのに、それほど 難しくはありません。
脇道になるに応じて、
「街」「巷」「弄」で 
表示されているからです。

このような 道路の名称による
住居表示は
高雄市だけではなく、
台湾全土です。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-22 12:07
ぱんだ中国語教室
台湾発見(2)
右の写真を見てください。e0064862_12571755.jpg
これは、「K書中心」と いいます。
写真の人物は
若かりし頃の 私です。

日本の喫茶店と図書館を
いっしょにしたみたいな所です。
私は 台湾に住んでいたとき
よく ここへ行きました。

ドアを開けて 中に入り、
場所をとると、
まもなく、小姐が
「你要喝什么?」(何をお飲みになりますか?」と
e0064862_1257578.jpg尋ねに来ます。
「我要喝柠檬汁」(レモンジュースをください)と
答え、お金を払います。

レモンジュース一杯で
何時間いても 構いません。
途中で休みたければ、
隣の部屋へ行って、
新聞などを読むこともできます。
一時、外へ出ることも できます。

学校の試験の時期ともなれば
補助椅子まで出すほど
混雑します。

ちなみに
当時(15年前)は
レモンジュース一杯
70元(350円)でした。
[PR]
by zhuneit | 2005-09-21 12:59
ぱんだ中国語教室